Japan Association for Human and Environmental Symbiosis

公開シンポジウム/Special symposium

公開シンポジウム内容

日本環境共生学会公開シンポジウム(主催 日本環境共生学会・環境再生保全機構)
「都市と気候変動」

日時 2022年9月24日土曜日 13:20-17:00
場所 オンライン

チラシはこちら

9月24日開催の公開シンポジウム「都市と気候変動」の動画がYouTubeにて公開されていると環境再生保全機構(ERCA)より連絡を頂きました。以下のリンクよりご覧ください。

■公開シンポジウム「都市と気候変動」動画(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=Ov885hRDG8U

開催趣旨

近年、気温の上昇や大雨の頻度の増加がわが国でも進行しており、温室効果ガスの増加による気候変動によって更に激甚化することが懸念されています。また、東京をはじめ、都市の多くは河川や埋め立て地の近くに発達しており、気候変動の進行に対する脆弱性の増大が危惧されます。
本シンポジウムでは、気候変動の都市への影響や適応策(特にカーボンニュートラルでレジリエントな都市の実現)に関する講演やパネルディスカッションを通じて、参加者の皆様と共に更に理解を深めたいと考えております。

プログラム

13:20 開始

歓迎の辞     学術大会実行委員長 後藤尚弘(東洋大学 教授)

挨拶1         日本環境共生学会会長 福田敦(日本大学 教授)

挨拶2         環境再生保全機構理事 田中良典

基調講演1

気候変動にレジリエントな都市 三村信男 茨城大学 地球・地域環境共創機構 特命教授

休憩(10分)

講演1 沿岸都市域の浸水影響評価と適応策

横木裕宗 茨城大学大学院 理工学研究科 教授

講演2 地域のQoLとその基盤となるインフラ・地域産業への気候変動影響と適応策

栗栖聖 東京大学大学院 工学研究科 准教授

講演3 環境中に放流された排水由来 GHGs 排出メカニズムの解明と排出量算定方法の検討

山崎宏史 東洋大学 理工学部 教授

休憩(15分)

パネルディスカッション
コーディネーター 花木啓祐 東洋大学 教授
パネリスト    林 良嗣 中部大学 卓越教授(元日本環境共生学会会長)
同        中根英昭 環境再生保全機構 環境研究総合推進費 プログラムオフィサー(前日本環境共生学会会長)
同        三村信男 茨城大学大学院 教授
同        横木裕宗 茨城大学大学院 教授
同        栗栖 聖 東京大学大学院 准教授
同        山崎宏史 東洋大学 教授

閉会の挨拶 荒巻俊也 東洋大学 教授
17:00 終了

参加申込

参加申込締切 9月22日(木曜日)延長しました。

こちらよりお申し込みください。

後援

公益社団法人 日本都市計画学会

公益社団法人 土木学会環境システム委員会

公益社団法人 環境科学会

日本地域学会

一般社団法人 日本計画行政学会

環境アセスメント学会

お申し込みいただいた方々へ

会議情報の送付は、学会ではなく運営事務局から送付されます。

 

PAGETOP
Copyright © 日本環境共生学会 All Rights Reserved.