Japan Association for Human and Environmental Symbiosis

開催概要

第23回(2020年度)日本環境共生学会学術大会は、コロナウイルス対策の観点からZoom等を用いたオンライン開催に変更することになりました。本学術大会では、新型コロナ感染症によって研究発表の機会が少なくなっている会員が無料で発表・討論をできるようにすることを最優先して、会員のノウハウと工夫を結集してボランティア精神で成功させることにしたいと考えております。

なお、第24回2021年度日本環境共生学会学術大会は、今年度予定していた北九州市で開催する予定です。

注:開催方法、参加費、発表費等の取り扱いは、コロナウイルス対策に伴う特例措置であり、第23回2020年度大会のみの取り扱いとする。

主催 日本環境共生学会
日時 2020年9月25日(金)、26日(土)

【1】9月25日(金)

  • 開会式
  • 学術セッション

【2】9月26日(土)

  • 学術セッション
  • 特別セッション:新型コロナ後の持続可能な社会を構想する(仮題)
  • 閉会式
  • 有志によるリモート交流会(懇親会)
開催 方法
Zoom等によるリモート開催(アクセス方法は後日会員に電子メール等で連絡する。)

発表の方法、注意事項については、決定次第この欄に掲載することとする。

発表募集スケジュール
  • 6月19日(金) 募集開始
  • 8月3日(月) 発表申込〆切(延長しました)
  • 8月3日(月) 特典付き査読原稿〆切(「環境共生」Vol.37(1) 掲載可能投稿)(延長しました)
  • 8月23日(日) 一般発表原稿〆切(延長しました)
学術発表会参加費、

学術発表会参加費 無料

(コロナウイルス対策に伴う特例措置であり、第23回2020年度大会のみの取り扱いとする。)

プログラム概要 ・プログラムへのリンク(工事中)
・発表論文へのリンク(工事中)
※発表論文集は日本環境共生学会会員のみ閲覧可としておりますこと、ご容赦ください。
優秀発表賞表彰 口頭発表(企画セッションを除く)において、環境共生に関する優れた研究成果を発表した会員に対して優秀発表賞を授与し、これを表彰します。選考は、個人会員と個人会員(院生)および学生会員に分けて行います。
連絡先 jahes2020@gmail.com
実行委員会
  • 委員長      中根 英昭(高知工科大学名誉教授)
  • 副委員長    石橋 健一(愛知学院大学);学術大会総務、会計
  • 副委員長    林 希一郎(名古屋大学) ;学術セッションプログラム等
  • 副委員長    福田 敦(日本大学)   ;Zoom会議運営総括等
  • 委員        伊東 英幸(日本大学)
  • 委員        鐘ヶ江 秀彦(立命館大学)
  • 委員        九里 徳泰(相模女子大学)
  • 委員        豊田 祐輔(立命館大学)
  • 委員        藤山 淳史(北九州市立大学)
  • 委員        古沢 浩(高知工科大学)
  • 委員        松本 亨(北九州市立大学)
  • 委員        菊池 浩紀(日本大学) ;Zoom会議運営担当
  • 委員        積田 典泰(日本大学) ;Zoom会議運営担当
  • 学会事務局長 森下英治(愛知学院大学)
リンク  学術大会発表論文募集要項(2020年度)は,こちら(PDF)
PAGETOP
Copyright © 日本環境共生学会 All Rights Reserved.