■地域シンポジウム及びエクスカーション
≪テーマ≫ SDGs未来都市郡山市とこおりやま広域圏のチャレンジ
概要:
国連が「誰一人取り残さない」として掲げた「持続可能な開発目標」(SDGs)は、キャッチフレーズとしては浸透しつつあるが、定量化のためのSDGs指標と、バックキャストを含めた取り組みのマルチセクターコベネフィット化手法に関する研究はまだ端緒についたばかりである。国立環境研究所福島支部では、福島における東日本大震災と原子力災害からの回復と復興を支援する研究を行っている。この中で、その回復と復興の取り組みを、セクター連携やマルチベネフィットを導くためSDGsの概念で捉え直すことによって、いわゆる「震災復興」のみならず、「持続可能な地域づくり」の可能性を、連携自治体とともに感じている。本地域シンポジウムは、最近のSDGsの潮流を紹介するとともに、福島県内での最新のSDGsへの取り組みを紹介し、持続可能な地域づくりにつながるSDGsついて有識者・専門研究者を招き討論する。

開催日:2020年5月30日(土) 
◇エクスカーション 8:30-12:00
訪問先:福島県環境創造センター
◇地域シンポジウム(一般公開) 14:00-17:10
開催場所:郡山市中央公民館多目的ホール
◇交流会 17:30-19:30
★申し込み先:未定
★提出締切:5月13日(月)
 申込書に必要事項をご記入のうえ、送付をお願いいたします。
★参加費:当日集金
 エクスカーション参加費  1,000円
 交流会参加費   3,500円