2017年9月20日-21日にバンコクで行われる社会マネジメントシステム学会(SOCIETY FOR SOCIAL MANAGEMENT SYSTEMS: SSMS)主催の国際会議に日本環境共生学会も共催として参画することになりました。環境共生学会も1セッション担当致します。

社会マネジメントシステム学会は、「社会マネジメントシステム学」の確立を目指して平成16年に文部科学省の推進する21世紀COEプログラムに採択された高知工科大学で設立した学会です。社会システムのあり方を分析、研究し、社会科学的視点、工学的視点等を生かした社会の経営システムの問題解決の為の新たな学問体系を創出することを目指しています。そのために、論文集の編纂とシンポジウムの開催を通じて研究者、技術者の協働や情報交換を促し、社会システムの改善に具体的に貢献します。

(社会マネジメントシステム学会については、https://ssms.jp/ja/about/society-overviewで詳しく紹介されています。)

学会員の皆様には、一度、SSMSのウェブサイト https://ssms.jp/をご覧いただき、ご専門の分野での参加のご検討をお願い致します。
発表申込みは、このサイトから行えます。なお、参加費は、SSMS会員と同じです。