「気候変動の影響への適応計画」や、COP21で採択されたパリ協定を踏まえた国の緩和策、「地球温暖化対策計画」が決定されていますが、具体的な適応策と緩和策は、地域において、防災や経済振興などの課題と共に、地域の特性を踏まえて展開されるものと思われます。その具体的姿について、様々な角度から検討する試みを、明治維新ゆかりの地でスタートしたいとの思いから、「気候変動への適応策と緩和策-地域からの統合的展開-」を大会テーマに据えました。
多数ご参集下さいますよう、ここにご案内いたします。

開催日:2019年9月22日(金)、23日(土)、24日(日)
開催場所:高知工科大学 永国寺キャンパス(高知県高知市永国寺町2番22号)
テーマ:気候変動への適応策と緩和策-地域からの統合的展開-
大会実行委員会:
委員長   中根 英昭 (高知工科大学環境理工学群)
副委員長  那須 清吾 (高知工科大学経済・マネジメント学群)
委 員   柴田 清孝 (高知工科大学環境理工学群)
委 員   古沢 浩 (高知工科大学環境理工学群)
委 員   百田 左多夫(高知工科大学環境理工学群)
委 員   吉村 耕平 (高知工科大学経済・マネジメント学群)
大会特設HP:https://sites.google.com/site/jahes2017/